TEIKEN 帝国総研 会計事務所向けコンサル 会計事務所のM&A 1人100件担当 担当3倍年俸2倍 プチノート 株式会社帝国総合経済研究所

メシエマラソンに参加します!

メシエマラソンに参加します!

今週末の土曜日(13日)、
福島県にある「星の村天文台」で開催されるメシエマラソンに参加します!
手動導入部門(他に自動部門もあり)での参加です。

メシエマラソン風景

メシエマラソンとは、
18世紀の彗星観測家シャルル・メシエが彗星との識別のために
星雲・星団をカタログとしてまとめたメシエ天体(Mではじまる星雲・星団)を
一晩で見尽くそうという競技です。

時期としては本来3月中旬位の新月期がベスト。
その時期ですと、太陽の位置がうお座~みずがめ座付近にあり、
肝心のメシエ天体が太陽付近にないため、全天に散らばるメシエ天体を、
見尽くすことが出来るからです。

4月中旬ですので、一部の天体は太陽の直近に位置するようになるから、
現実的には全て見尽くすのは無理、天候状態もありますので、
出来るだけ多くのメシエ天体を、効率よくゲットする競技内容になると思います。

始時間は4時半ということですが、
もちろん、空が暗くなりかける7時近くからの実質的スタートとなると思います。

秋の天体(M31アンドロメダ銀河など)はちょっときついかなという予測。
ベテランの方だったら、薄明でもガンガンいけるんでしょうが、僕の力ではとても‥

シミュレーション

こちらは天文薄明が過ぎた状態
ここがらが僕が勝負できる時間帯だと思います。
天文薄明終了

昨年から天文ファンになった自分としては、
夏以降に見ごろを迎える天体の導入は初めてということで、
結構緊張しています。

何せ、天体の西に落ちるスピードは意外に速く、西低空捜天をいかに速く出来るか。
これが肝だと思います。

まずは“仕事”同様、戦略をたてるとですよ。どこからどうまわって、何をみてゆくか。
あとは“作業”同様、やるだけ。チェックリスト的にテキパキ・粛々と進める。

麗しのM42オリオン大星雲なんかに見惚れていようものなら、あっというまに‥
これはコンテストなので、割り切りが重要かと‥。

マラソンですから、参加することに意義があるともいえるわけで(汗)。

まずは春の宵を存分に楽しもうと思います。

後日、結果ご報告します。

コメント


認証コード4938

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional