TEIKEN 帝国総研 会計事務所向けコンサル 会計事務所のM&A 1人100件担当 担当3倍年俸2倍 プチノート 株式会社帝国総合経済研究所

ディープスカイスケッチ M106

ディープスカイスケッチ M106

M106

りょうけん座にある麗しの銀河、M106のスケッチです。

全体に淡い感じですが、中心に光沢のある核をもっていて、腕の感じは明らか‥。

銀河探訪をはじめて間もないので、視るもの全てに感動です。

ただ、スケッチを行なうと痛感するのが、視る姿勢の重要性です。
中腰の姿勢は集中力を欠いてしまうので、それ用の椅子は必須アイテムになってきます。

注文していた椅子が数日中に配達されるとの連絡が入ったので次の観望が楽しみです。

プロワークチェアという椅子なのですが、天体観察家の間では評判のもので、こんなのが欲しかったと思っていました。

それと、動的な観望をサポートする星図が欲しいところ‥。

今は現場にPCを持ち込んで、ステラナビゲータでファインダーに対応する約6度の視野を上下視野反転させながら目標天体を導入していますが、バッテリーの不安もあるので、実践的な星図はないかと探していました。

いいのがありましたので注文しました。

Sky & Telescope's Pocket Sky Atlasです。

A5サイズ、さっと折り返せるリング製本、片手で取り扱える大きさ、5cmファインダーで確認可能な7.6等星までの星を掲載しているなど、観望現場での使い勝手を十二分に考慮している逸品との事です。

これも週末帰郷するのが楽しみです。

片手に赤ヘッドランプに照らされた星図ブック、目標天体
を素早く導入し、ブックを台にスケッチに取り掛かる‥。

ディープスカイ探訪は魅力の尽きない分野ですね。

コメント


認証コード4997

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional